Information

About human note ヒューマンノートとは

human note(ヒューマンノート)について

ヒューマンノート2007年結成。シンガーソングライター寺尾仁志がリーダーを務める700名のシンガーズ。

年齢、職業、環境を超えたメンバーで構成されている。

楽曲は中西圭三、広沢タダシ、河口恭吾、平義隆、光永亮太などのアーティストから提供を受け 今までに シングル1枚 アルバム2枚をリリース。

2012年NYアポロシアターでの単独公演開催、2013年MBS音舞台出演。

2009年11月には初の海外活動となるケニアへ訪問する。その後、インドネシアバリ島・ハイチ・カンボジア・ネパールなど様々な国へ訪問する。

また、学校、病院訪問活動の他、宮城県南三陸町を中心とした東日本支援活動にも力を入れている。

ひとりひとりに物語があり ひとりひとりにメロディがある。笑いたいひとにも 泣きたいひとにも 感動を届けるために 世界中にウタのタネをまいている。


human(人間・人)note(音)一人一人に物語があり、一人一人にその人の音・歌がある。

「人生・人間賛歌」をテーマに制作された楽曲を通じて、歌う喜び、歌により人と人がつながることの素晴らしさを伝えるため、

学校・病院・デイケアサロンなど様々なところで“ウタのタネ” をまく。

その楽曲はhuman note の活動に賛同する日本を代表するトップアーティストにより提供されている。

human note の基本理念

[Give Happiness]

「ウタのある人生の充実」をテーマに歌を通じて human note に関わる全ての人々に、幸せや感動を提供していく。

充実=HAPPY

★ミッション(組織の使命・存在理由)

年齢・性別・職業・人種・宗教を超えて、歌うことで人と人をつなげる。
歌うことで人と人をつなげ、心が通じ合うことを体感させる。
心が通じ合う体感を得て、一人一人が輝ける社会の実現を創造する。


★ビジョン(ミッションを果たすための組織のあるべき姿)

歌の力で世界の人々を幸せにする。


★バリュー(ビジョンを実現するために大切にしてほしい価値観・業務での意思決定基準)

「幸せ」とは与えようとする者に与えられる。

活動内容の概略

-

オリジナルの楽曲を通じて「ウタのチカラ」を届けるコンサートを中心とした〈アーティスト活動〉と学校や病院、福祉施設、被災地などにウタを届ける〈ホスピタリティー活動〉を軸として活動している。またその活動は海外にも及んでいる。

facebook twitter mixiチェック Yahoo!ブックマークに登録 このサイトをはてなブックマークに追加